男のニキビ跡と、肌の再生サイクル


思春期の頃にできたニキビを大したケアもせずに放置していたため、なかなか消えないニキビ跡に悩んでいる男性は多いことでしょう。

もちろん成人後もニキビはできますし(いわゆる「大人ニキビ」ですね)、その場所も顔だけでなく、背中や首筋・胸元や脚・お尻に至るまでマチマチです。

夏場など肌の露出が多い時期は、でもさすがに見られ方が気になりますよね。


そもそも男女問わず30~40歳前後までニキビができる原因は、原理的には思春期にできるニキビと同じです。

すなわち顔まわりのみならず、身体のいたるところに皮脂腺がたくさん存在し、大人になった後も皮脂の過剰に分泌しているために、ニキビができるわけです。

photo credit: Derek K. Miller via photopin cc

ひどくなったニキビは皮脂が大好きで、皮膚内に潜むアクネ菌やブドウ球菌も過剰に増えがちで、感染も生じやすく(拡がりやすく)なっています。


おすすめであり王道なのは、皮脂の分泌を過剰にしたり、皮脂の排出を妨げて炎症を悪化させる「日常生活上の悪習慣」をなるべく改善することです。

できたときの炎症を長い間放置した痕跡が「ニキビ跡」として残っているわけですが、だからといってそのままあきらめてしまうのは、肌の再生能力を信じずに、ただ怠惰を重ねるようなものです。


人間の肌の再生サイクル、つまり身体の細胞の自律的な再生は成人でおよそ28日周期、つまり1ヶ月前後です。


人の皮膚の一番奥にある基底層から生まれた角化細胞が、細胞分裂を繰り返して変化しながら、身体の一番表面にある皮脂膜へと押し上げられつつ、再生していきます。

(ただし年齢を重ねるにつれてこの再生周期の間隔は長くなり30歳代は約1ヶ月半、40歳代は2ヶ月弱になってしまいます。この事実は「できるだけ若いうちにスキンケアをスタートすることの大切さ」を物語っていますね。)


男のニキビ跡対策、早ければ早いほどベター



歳をとるにつれ思春期にできたニキビがほぼわからないくらいに目立たなくなるか、あるいは気になる程のニキビ跡として残るかは、はっきり言って個人差がありマチマチと言わざるを得ません。


男性は皮脂の分泌が盛んなこと、ニキビやニキビ跡の手入れも女性に比べて、どうしてもおざなりになりがちな傾向があります。

しかし、ニキビができやすい思春期からできるだけケアをしておくほうがベターなのは確かです。若いうちは肌の再生能力も高く、治療効果もそれだけ期待できるためです。


適切な洗顔料を使いこまめな洗顔をする習慣をつけておくだけでも、5~7年先の肌の状態(ニキビ跡の残り方)は、ずいぶん違ってくるでしょう。

患部を清潔にするためのこまめな洗顔(顔以外ならシャワーや入浴)が基本になりますね。市販の一般的抗菌石けんは作用が強いものも多く、使いすぎで皮膚を痛める恐れもあるため、ニキビ専用石けんを使いたいものです。


次に、洗顔後の肌に栄養成分を供給し、保湿するためのスキンケアです。男性用に開発された、低刺激のローションや化粧水を使いましょう。


ちなみに、ニキビは自分でつぶさないことです。これはつぶしてはいけないということではなく(現に皮膚科では治療の一環として、器具を使ってニキビの芯を排出することがあります)、自分でやると不衛生でもあり、毛穴につまった皮脂をうまく外に出せる確率も低いためです。

ニキビ跡が残るリスクも高まり、後悔することになりかねません。



食事面ではたんぱく質とビタミン群、とりわけ肌の状態に関係の深いビタミンA・B群・Cを十分に摂取することが大事です。

特に最近の20~30歳代はファストフードなどで炭水化物を摂り過ぎる傾向が強く、たんぱく質摂取の不足が指摘されています。


新陳代謝のサイクルを整え、皮脂の過剰分泌体質を補正していく意味でも、一定の時間帯にまとまった睡眠時間をキープすることが大事です。

成長ホルモンの分泌がもっとも活発化する午後10時~午前2時に、洗顔やスキンケア後の睡眠サイクルを、できるだけ合わせるようにします。睡眠時間も6~7時間前後は確保したいところですね。


仕事上の残業もあり、一定の睡眠サイクルをキープするのはなかなか難しいとは思いますが、少なくともこれらの点に対する意識だけは日頃から高く持って、できる範囲で実践を心がけたいものです。


関連して、過剰なストレス食物繊維の不足からくる便秘なども避けるべく、日頃の生活の質を高めていくように心がけましょう。


皮膚の新陳代謝を活かすスキンケア



ニキビ跡の治療において、皮膚科では「ケミカルピーリングレーザー照射による皮膚の角質の剥離や毛穴の除去)」等も最終手段として残されてはいますが、アフターケアのための通院も長期間必要になりますし、何より美容治療であるため、健康保険の適用がありません自費診療)。


1回の治療が万円単位に達することも珍しくなく、金銭面で余裕のある方でなければ、おいそれと取れない方法であることも確かです(保険内治療をアピールするところもありますが、例外的に重度で無い限り外用薬やビタミン剤の内服治療が中心になるのため、効果がどこまで期待できるかに疑問符がつくことも否めません)。


抗生物質に代表される内服薬治療の場合、治療効果が現れるまでにかなりの月日と根気が必要ですし、副作用の恐れも払拭できません。

お金をかけない対策のポイントは「先手必勝」。

思い立ったが吉日、肌の新陳代謝が一日でも活発なうちに、「適切なスキンケア」と「肌サイクルを内側から整えるための生活習慣の改善(食事・睡眠・禁煙と節酒・ストレスコントロールなど)」を、実行に移すことです。


ニキビ跡をできるだけ目立たなくし、最終的に皮膚の新陳代謝を活かしてほとんど無くしたいと真剣に考える男性諸氏のために、おすすめ男性向けニキビ跡ケア製品を以下にご紹介します。



Reproskin(リプロスキン)

  • ニキビ跡に悩む男性に、ニキビ跡専用の導入型柔軟化粧水「Reproskin(リプロスキン)」。「ニキビが良くなった後の再発防止」に使う男性が急増中、モニター満足度は驚きの92.9%。

  • 低分子コラーゲンや酵母エキス・ヒアルロン酸等の「8種の美容成分」をナノサイズに凝縮。角質層に長く留まってプルプル弾力のある”赤ちゃん肌”、そしてトラブルや刺激に強い”健やか肌”を目指します。

  • 洗顔後は一番最初にご使用下さい。気になる部分にはリプロスキンを2度・3度と重ねづけするのが、ニキビ跡ケアのポイント。

    もちろんお肌に刺激を与える合成香料やパラベン・アルコール等は無添加、信頼の日本製医薬部外品です。

  • 単品価格は7,500円(税別)。特別価格の「基本プラン(4回1サイクルの定期コース」なら3,298円もおトクになる、4,742円(税別)+ニキビ肌用美容液石けん「アクナイン」プレゼント付き。クレジットご利用のコースなら、さらに初回購入額から500円OFF。「基本プラン」は60日間返金保証付き・代引き手数料も無料です。


Primo Ordine
(プリモディーネ)

プリモディーネ

  • Primo Ordine(プリモディーネ)」は、無添加にこだわった高濃度・高浸透型ビタミンCローション。累計販売本数は7万本を突破。モニター利用者様へのアンケートではリピート希望率が96%に達しています。

  • ビタミンCは抗酸化作用・美白作用・皮脂を抑える作用があり、ニキビ予防とニキビ肌の修復、そしてシミやしわの改善効果があります。しかし従来のビタミンC投与法は安定性が低く、ほとんど肌に吸収されないという問題がありました。

  • プリモディーネは、「水溶性ビタミンC誘導体4%」と、従来のビタミンC誘導体のおよそ100倍の浸透力を持つとされる「+新型ビタミンC誘導体(APPS)1%」を配合。

    上質のビタミンCをこれって美容液?と思われるくらいの高濃度配合とすることによって、角質層への浸透性が高まり、肌の表面ですぐに作用。あわせて皮膚の過剰分泌を防ぎ、肌のニキビ跡や毛穴の開きを改善します。

  • ビタミンC以外にも、αアルプチン・酵母エキス・ハトムギエキス等の配合によって成分を安定化。敏感肌の男性でも、安心してお使いになれます。合成界面活性剤・合成着色料・防腐剤などはもちろん無添加。

  • 送料無料のお試しセットは5ml×4本のセットで1,000円(税別、お一人様1個限り)。シリーズ製品の洗顔料・保湿化粧水・ジェルクリームとのセットによるスターターセットなら1,800円(税別)。


Jewel Rain(ジュエルレイン)

  • 男が密かに悩む、背中や二の腕のニキビ。美容専門チームが開発した「Jewel Rain(ジュエルレイン)」なら保湿をしっかりキープ、角質細胞の水分をプルプルに保持しながら、健やかな「赤ちゃん肌」を育成できます。モニター協力者の91.0%が満足!

  • 手のひらに適量のジュエルレインを取り、朝と晩にやさしく塗るだけ。気になる背中や二の腕・胸元・お尻のニキビを、ぷるぷる感のある潤いで予防します。

  • 合成香料や着色料・パラベン等はもちろん不使用、国産の医薬部外品で使い続けて安心。

  • 「集中ケアプラン」は安心の60日間返金保証、初回お届け分に限り1,000円OFF。しかも全国送料・代引き手数料無料。定期購入なら、定価から33%OFF。

TOPPAGE  TOP